未分類

ペット火葬やペット葬で気をつけたいよくある質問にお答え

個別火葬と合同火葬の違い

ペット火葬やペット葬は初めて利用される方も多く、サービスの内容や利用の仕方、
料金などで不安を感じることや、分からないことも多いのではないでしょうか。
大切なペットとの最後のお別れで後悔することや、悔いが残ることがないよう、
よくある失敗例や気をつけたいこと、よくある疑問を元に、安心の利用ができるようQ&A形式でお答えしていきます。
ペット火葬のプランやコースの中によくあるのが個別火葬(個別葬)と合同火葬(合同葬)です。
どう違うのかや、それぞれの特徴やどんな風に利用すればいいかを知っておかないと、
取り返しのつかないことにもなるので、事前に知識を得ておきましょう。
まず、個別火葬はご遺体を一体ずつ火葬するもので、
人間のご遺体を棺に納めて1体ずつ火葬するのと同じシステムと思っていただければ分かりやすいです。
これに対して合同火葬とは複数のご遺体を一度に火葬するので、通常、ご遺骨は混じり合って分からなくなります。
個別火葬に比べて料金が安いので、費用面で制約のある方やご自宅にご遺骨を持ち帰ることができない方、
仏壇などを用意する予定もないといった方に利用されます。
また、小鳥などの小動物の場合は骨がもろく、火葬時にどうしても骨がボロボロになって分からなくなるケースもあります。
そのため、業者によっては一定の小動物の場合、合同火葬のみの扱いにしている業者もあります。
もちろん、小動物でも個別火葬に対応している業者もあるので、
もしかしたら骨が粉々になって形がキレイに残らないという承認のもとで、個別火葬をしてもらうこともできます。
なお、業者の中には個別火葬と合同火葬の中間形態の方式を用意しているところもあります。
合同火葬で個別火葬より料金を抑えつつ、遺骨が分からなくなるプランとは違い、
一定の区割りをすることでご遺骨の一部も骨壺に詰めてもらえるといったサービスです。
こうした火葬内容の違いをよく確認しておかないと、ご遺骨を手元に置いておきたかったのに、
他のご遺体と混じってしまって戻ってこないといった悲しい結果になることもありますので、気をつけましょう。

葬儀のスタイル

どの業者もペットのご遺体をいつまでも放置するわけにはいかないので、
火葬は基本サービスとして提供されますが、いわゆる人間でいう葬儀にあたるサービスについては
業者によって異なる場合や、選ぶプランやコースによって変わってくるため、
どのようなお別れの仕方や弔いをしたいのかを検討し、希望に合ったプランを選ぶようにしましょう。
例えば、祭壇を設けて人間なみのお葬式をする必要はないけれど、
火葬前に宗教家に読経などをしてもらいたい場合もあることでしょう。
ペット葬を提供している業者の中にはお寺もあり、その場合には仏教式で住職による読経となります。
一方、お寺を母体としないペット葬業者の場合、オプションでご家庭の宗教や宗派に応じて
仏式やキリスト教式に対応してくれることもあります。
提携しているお寺の住職を呼んでくれる場合や、教会の牧師を手配してもらえることもあるので、
菩提寺や信仰している教会ではペットの対応が難しい際も相談をしてみましょう。

祭壇について

火葬前の読経や祈りと火葬後のお骨拾いの儀式と骨壺への納骨といったシンプルな儀式だけで十分という方もあれば、
人間の場合の通夜や告別式に準じてお別れの会をしたい、祭壇をきちんと設けたいという方もいらっしゃるでしょう。
その場合、ご自宅に祭壇を設置してもらうプランと、業者の用意する会館やお部屋に用意してもらうプランとがあります。
ペットの場合はご自宅葬が多くなりますが、祭壇のサイズやお花の種類などで料金も異なってくるので、
どのようなタイプの祭壇にしたいか、プランやカタログなどを見ながらご家族で検討しましょう。

Tags:
飼い主の考え方によって方法はさまざま
飼い主の考え方によって方法はさまざま

コメントはまだありません

訪問火葬とペット専用火葬場での火葬について
訪問火葬とペット専用火葬場での火葬について

コメントはまだありません

驚くほど人と同じであることが慰めとなります
驚くほど人と同じであることが慰めとなります

コメントはまだありません

ペット葬儀で失敗しないために
ペット葬儀で失敗しないために

コメントはまだありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA