未分類

訪問火葬とペット専用火葬場での火葬について

ペット葬儀と人間の葬儀の違い

人間と同様にペットも亡くなったときはきちんと火葬し、供養が行われるのが一般的です。
家族同様に生きてきた多くのペットにとって、最後のお別れも人間と同じようにきちんとしたいとは、誰もが思うことでしょう。
ところで、ペット火葬を行う場合、人間の火葬とは若干異なる部分があります。
体が小さいペットならではとも言えるのですが、火葬の仕方をいくつかの方法から選ぶことができるのです。
まず、火葬場に行ってそこで火葬する方法と火葬車が自宅までやってきて、
自宅前で火葬する訪問火葬の2通りに大きく分けることができます。
訪問火葬というのは、人間の場合にはあり得ないことですが、まさに小さなペットだからこそできることです。
そのための専用の火葬車も用意されているのですから、初めての方はびっくりされる方も少なくないようです。
火葬車は、見た目は普通のワンボックスカーと同じで、また会社名なども無記名となっている場合が多ので、
周囲の方に気づかれることはありません。
また煙や臭いを発生させたり、ダイオキシンも発生させたりしにくい構造になっているので近所に迷惑をかける心配もありません。
ご要望によっては、近くの公園や広場で火葬することもできます。
訪問火葬のメリットは、忙しくて火葬場まで出かけていくことができない場合や体の不自由な方、
高齢の家族がおられる場合でも、自宅前でご家族がいるときにお見送りすることができることが一番大きいと言えます。
また、ペットが好きな場所で火葬をすることが可能となります。
ただし、家の前や好きな場所となると人目についてしまう場所になるため、注意が必要です。
大きな犬はその場で火葬ができない場合も考えられますので、あらかじめ聞いておきましょう。

火葬場でのペット火葬について

では、火葬場に出向いての火葬はどうでしょうか。
まず火葬場はペット専用の火葬場になります。
これは法律上、ペットは一般廃棄物としてみなされるため、
「墓地、埋葬等に関する法律」という法律で制約されている人間の火葬と一緒に行うことができないからです。
一般廃棄物とみなされるというのは、飼い主にとって少しショッキングな表現となってしまうかもしれませんが、
その分かえって自由に火葬を行うことができると理解すれば良いのではないでしょうか。
訪問火葬ができるのもこの自由度が高いおかげなのです。
ペット専用の火葬場で火葬を行うメリットは、プランによっては人間の場合と同様に、
葬儀から火葬、納骨まですべてのことを行うことができることがあります。
通常、埋葬場所も火葬場と同じ敷地内にあるので、そのまま納骨が可能なのです。
もちろん、49日経過した後に納骨してもかまいません。
さらに、定期的に法要が行われているなど、きちんと供養してあげることもできます。
また火葬車の場合と異なり、天候に関係なくお見送りや拾骨が可能というのもメリットと言えるでしょう。
逆にデメリットをあげると、やはり火葬場まで足を運ばなければならないということでしょう。
時間がない人にとっては難しくなりますが、大切な家族だと思えば、何とか時間を工面してあげたいものです。
ただそのために訪問火葬もあるので、無理がかかるようでしたら事情を考慮し最適な方法を選ぶと良いでしょう。

その他のこと

なお、火葬場の火葬については、さらに個別の立ち合い火葬と合同火葬などから選ぶことができます。
一般的に多いのは犬や猫の場合は個別の立ち合い火葬です。
こちらを選択した場合、収骨が可能になります。
合同火葬の場合は収骨ができませんが、費用が安いというメリットがあります。
また、小さな動物の場合も合同火葬が一般的です。

Tags:
飼い主の考え方によって方法はさまざま
飼い主の考え方によって方法はさまざま

コメントはまだありません

ペット火葬やペット葬で気をつけたいよくある質問にお答え
ペット火葬やペット葬で気をつけたいよくある質問にお答え

コメントはまだありません

驚くほど人と同じであることが慰めとなります
驚くほど人と同じであることが慰めとなります

コメントはまだありません

ペット葬儀で失敗しないために
ペット葬儀で失敗しないために

コメントはまだありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA